現在、自動車の購入を検討する際には、多くの選択肢が存在します。
エンジン型式だけを例にとっても、ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車、ハイブリッド自動車、電気自動車等、様々な形式から選択することとなります。
また、ボディタイプもセダン、ワンボックス、ステーションワゴンだけではなく、2ボックス、5ドアハッチバック、オープン、コンパクト等、用途に合わせて多くのボディ形態から選択することができます。自動車のバリエーションは飛躍的進化を遂げたと言っていいでしょう。


 しかし、何より驚くのは、燃費性能の向上でしょう。現在、国内大手自動車メーカーが販売している自動車で最高水準を誇るものは、なんとガソリン1リッター当たり30キロメートルを超えます。
今後、ハイブリッド車の技術は進み、燃費はさらに伸びるでしょう。また、ガソリンエンジンを搭載しない電気自動車も開発が進み、充電ステーションが今以上に整備されれば、ユーザーにとっては、さらに使いやすく、身近な存在となることでしょう。
これまで軽自動車の大きなメリットとして自動車税の安さがありました。
ですがこの度軽自動車税の大幅な増税が決まっていく動きになっており、もうメリットがなくなったと感じている方もおられます。ですが軽自動車のメリットはそれだけではありません。ガソリンの燃費、購入時の金額、駐車場の問題、自動車の維持費についてなど様々な点で軽自動車には多くのメリットがありますし、増税されても大型車より税金が高くなるということはないでしょう。


そして大きなメリットが運転のしやすさについて。
初心者は大きい車で練習するのがいいとも言いますし、ある程度車の運転に慣れてきているのならいいのですが、やはり毎日運転したりするなら小さな自動車の方が運転しやすい、運転や車の感覚をつかみやすいという点があります。
車体が小さい分細い道やすれ違いなどもやりやすく、バックなどの時周囲の確認もしやすい。
どうしても金銭の問題はついてまわりますので軽自動車税の増税は大きな問題なのですが、まだまだメリットはたくさんあります。